うつ病はどうやって再発するの?

まとめ
 再発は、気づいた頃にやってきます。

 

うつ病はどうしたら再発するのでしょう。
考えられるのは、また同じストレスやきっかけを与えてしまったことが起因するかもしれません。

 

しかし、一番の可能性は「治ったと思い込んでしまっていた」に違いありません。

 

完治したと思い込んで断薬または減薬をすることで、もともとあったストレスや遺伝性の何かが、思い出したように復活するのです。
そして、体が重くなり、頭も考えられなくなり、自分が再発したことに気づきます。

 

 

うつ病を発症してから再発するまでの段階を表してみましょう。

①気分が低下し、今まで楽しいと思っていたことが楽しくない。
②落ち込みが激しく、自責感が強くなる。
③最も辛い時期。精神的に追い込まれ、助けを求めることもできない。
④未来への意欲が生まれ、前進する姿勢が見られる。
⑤日常生活に支障がなく、平穏。本人も周囲も治ったと思う。何年か続く場合もある。
⑥再び、以前のうつ状態へ。しかし再発しない人もいる。

 

 

私的な感想になりますが、とても恐ろしいですね。

私は冬に毎年落ち込みが来るので、いつダウンするか、びくびくしながら生活しています。

そのため、私はまだ治っていない、完治には程遠い、落ち着いているだけ、と思い込むようになりました。
もしかしたらそれが完治を妨げているのかもしれませんね。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村


うつ病ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA