再発予防の5つのポイント

まとめ
①薬を飲み続ける
②最初の発症のきっかけを思い出す
③考え方や見方を変える
④ストレス解消方法を考える
⑤生活リズムを整える

 

うつ病は再発が多い病気です。

五年間で再発する人が約半数もいます。

一年間で何度も再発する人もいれば、忘れた頃の数年後に突然再発する人もいます。

 

うつ病は再発することを前提に考えておきましょう。

しかし、再発は予防することができます。

 

 

薬を飲み続ける

 

良くなったと思ったそのときが一番危険です。

薬はそれから半年~一年以上飲み続けましょう。

医師に完治したと言われるまで、不安であればそれ以降も病院に通うことを強くおすすめします。

 

最初の発症のきっかけを思い出す

 

同じような状況に陥ると再発しやすいと言われています。

初期症状も同じことがあります。

私の場合、原因は分かりませんが風邪を引いたのちにうつになり、再発しました。

そのようなきっかけを思い直してみてください。

 

考え方や見方を変える

 

他人の目を気にしたり、自分に重要なことを大量に課せていたりしませんでしたか?

自分を許して、柔軟な思考を持つように努めてください。

悩みを抱え込まないでください。

穏やかにゆるやかに過ごすことを心掛けるだけで、世界は全く違うものに変わるはずです。

 

ストレス解消方法を考える

 

過度なストレスはうつ病の原因となり得ます。

再発しないためにも同じストレスを味わないようにしなければなりません。

ストレスと上手く付き合い、コントロールすることが大切です。

 

生活リズムを整える

 

規則正しい生活はストレス耐性を高めます。

「睡眠」「食事」「休養」を念頭に置きましょう。

早く寝て早く起き、朝食を食べて、余裕を持つ。それだけで十分再発は防げるでしょう。

 

 

職場や学校への復帰は慎重に慎重を重ねてしなければなりません。

治ったように見えて治ったように見せかけていることが多いです。

 

再発を防ぐためにも回復後も服薬は続けましょう。

薬を止めると再発率が上がります。

一年ほど続けるのが理想的ですが、もっと長くても良いと思います。

自分が良くなったと思っても、そうでない可能性が高いです。医師の判断に任せましょう。

 

 

 



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村


うつ病ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA